2009年03月16日

確定申告

本日が期限だが、まだ苦闘中。

毎年、もちょっと楽になりたいと思うが、
毎年、年明けから結構仕事が混んでくる。

さて、また 悪あがきの続きに戻るか。


明日は、朝早くから 高松出張。

車で行こうかと思ったが、
寝不足が予想されるので、JRにしようかな。
posted by 得鰤日 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月15日

OB会

高校部活のOB会があるが、
毎年同じような顔ぶれになる。

今年は、100周年の記念行事も控えているので
そちらを重視して総会参加を見送った人もいる。


若い人の参加を求めたいところではあるが、
正直いって、若者に面白いようなイベントでもない
とは思う。

文化系の部活の方だったら
まだやりやすい面もあるのかも知れないが

何か共通の話題が必要なんだろうなぁ。
posted by 得鰤日 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月14日

会計会計会計

月曜が期限の確定申告を前に

高校の部活のOB会活動の方の会計処理。
毎年、「この時期はやめて欲しいなぁ」と思いつつ
その都度、いや、どちらかを早く処理
しておけばいいだけだから… と 思い直す。

まぁ、毎年ちょっとずつ要領は良くなっているが
誰かの使った費用の精算と領収書の付き合わせや
お金の精算やら、仮伝票での処理やら
なかなかに面倒。

一般会計だけでなく、特別会計が3つあり
また、預金が2つあり、
会計の締日以降のお金の出入りもあって
どうかするとアタマが混乱してくる。
(計算上の残高と現金残高が合わない (^^;; )

まぁ、上手く行かないと「来年こそ…」とは思うし、
それがやめないでいる理由の一端でもあるのだが。
posted by 得鰤日 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月13日

無駄が多い 行政

地方自治体で、先導的技術に対する国の支援金
を獲得するプロジェクトがあって

そのアドバイザーとして会議に参加したが、
国の評価基準が公表されたのは最近で
従来路線だろうと想定して用意されていた資料は
かなり的はずれ。

そうでなくても、
この手のプロジェクトは、その技術がどう製品になって
どう社会に役立つのか
そいういう視点に欠けている事が多い。

しっかりしたプロジェクトマネージャーが
最初から指導していればもうちょっとマシ
だろうと思うのだけれど…。

まあ、民間であれ、官業であれ、
ある程度の当たりはずれはあるだろうけれど
無駄に関してはしっかりと削減してもらいたい。
posted by 得鰤日 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

わかっちゃいるけどヤメラレナイ

ビジネスの成功・不成功は、長い目でみると、

わかっている事を「やれるか、ヤメラレルカ」
正しく実行できるかどうかできまるように思います。

無論、即断・即決での話もさることながら
徐々にでも、そうできるかどうかどうか、それがキーです。

政治の世界では、それ以前に
「わかっちゃないなぁ…」と言いたくなることが横行していますが、
これは国民の側を何をすべきか「わかっちゃないなぁ」
ということのようでもあります。

そうしてみると、一面単純ではありますが
PDCAというマネジメントサイクルこれがうまく回せるかどうか
これで将来がかなり変わってくると言えるという事でしょう。
posted by 得鰤日 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月11日

キム・ヒョンヒ

本日、拉致被害者田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんと
キムヒョンヒさんの面談があった。

これが何らかの解決の糸口になって欲しいものだが、
キムヒョンヒさんの記者会見では、大韓航空機爆発事件への言及もあった。

北朝鮮は、一貫して大韓航空機爆発事件を否定し、「南のでっちあげ」
との姿勢をとり続けてきた。

キムデジュン大統領誕生以来の南北融和政策で
「南」は北のでっちあげを否定しなかったことで
韓国の世論には、キムヒョンヒさんの証言そのものを否定する
というようなものもあったようだ。

マスコミもその一端を担っていたような週刊誌記事にもお目に掛かった。

日本のマスコミも時として妙な報道があるが
どこの国の報道も同じような性質をかかえているものらしい。

我々は物事を考えるとき情報の信憑性からしっかり考察する必要がある。

-----------以下、記事引用(毎日jpより)-----------

http://mainichi.jp/select/today/news/20090311k0000e040031000c.html

拉致被害:田口さん家族と金元死刑囚面会 涙ぐみ抱き合う
2009年3月11日 11時11分 更新:3月11日 14時22分

 【釜山・曽田拓、西脇真一】北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さん(行方不明時22歳)の長男、飯塚耕一郎さん(32)と、田口さんの兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(70)が11日、韓国・釜山市内の国際会議場で、大韓航空機爆破事件(87年)の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚(47)と面会した。「大きくなったね」「お母さんは生きていますよ」。金元死刑囚は耕一郎さんらに日本語で語りかけ、涙ぐみながら抱き合った。

 田口さんは北朝鮮で金元死刑囚の日本語教育係だったとされ、耕一郎さんは、自分が長男だと初めて公の場で明らかにした04年2月、外務省を通じ面会を求めていた。

 金元死刑囚が公式の場に出るのは、97年12月に結婚して公の活動を控えて以来、約12年ぶり。李明博(イミョンバク)政権発足で韓国側が対北朝鮮の人権問題を重要視する姿勢を打ち出したことと、拉致問題の進展を求める日本側の姿勢が一致して面会が実現した。拉致問題での日韓協力の象徴と位置づけられる。

 田口八重子さんは東京都豊島区の飲食店従業員だった78年6月、当時1歳の耕一郎さんら2人の子供を託児所に預けたまま行方不明になった。

 その後、大韓機事件で逮捕された金元死刑囚が「李恩恵(リウネ)という日本人女性に日本語などを習った」と証言。警察庁と埼玉県警は91年、この女性を田口さんと断定した。

 こうした経緯から、耕一郎さんは「どんな生活をしていたのか知りたい」と、金元死刑囚あてに手紙を書き、面会を要望したが、北朝鮮への融和政策を取る盧武鉉(ノムヒョン)政権時代は実現しなかった。

 耕一郎さんは面会直前、毎日新聞の取材に「幼いころに引き離された田口八重子さんの人間像をつかみたい」と話していた。また、繁雄さんは「日本へ招待したいとの意向も伝えたい」と、今後も金元死刑囚と継続的に交流したい意向を示していた。
--------------記事引用、終わり------------
posted by 得鰤日 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

椿三十郎

録画はしても、見たことがなかったのだが
今日のBS2の放送は見た。

ちょっとコミカルな娯楽につくられているなんて
知らなかった。

仲代達也との最後の斬り合いシーンが宣伝に使われる
ケースが多いので、もっとシリアスなものだと思ってしまう。

自分の仕事も
ちょっと力を抜いたスタンスというのもいいかな
と思う。
posted by 得鰤日 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

嫉妬をキツネ色に焼く

松下幸之助さんの言葉です。

本日みたテレビ番組より:

知るを楽しむ選 私のこだわり人物伝
松下幸之助 哲学した経営者 第1回

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2009年 3月 9日(月)
放送時間 :午前10:05〜午前10:30(25分)

嫉妬は醜いものでもあり、
あまり良い結果をもたらさない
というのも事実だけれど、
成功した人をみて目標にするエネルギーも大切

嫉妬の炎で黒こげになってはいけないけれど
ほどよくキツネ色に焼くならば
向上心を助ける大きな原動力になる
ということのようです。

幸之助さんの有名な言葉の一つらしいのですが
知りませんでした。

含蓄があっておもしろいと思います。
posted by 得鰤日 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月08日

会議と喫煙

高校の部活のOB会の集まりがあって
3時間ほどあれこれ議論した。

この集まりはいつも煙がもうもうとあがり
これでもスポーツ競技団体のOB会なのかと
嘆かわしい限りの状況なのだが

本日はタバコ無しで快適だった。

会場が、地域の集会所だったからなのだろう。

いずれにせよ、最近は公的な場所では禁煙なので
たまにタバコの煙に出くわすと不快きわまりない。

喫煙の自由は尊重したいが、
分煙はもっともっと進んで欲しいものだと思う。
posted by 得鰤日 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月07日

おもわく違い

ある団体の会計役をやっているが

明日の会合で報告が必要なので伝票整理していると
必要な伝票が存在しないことに気が付いた。

お金の出入りが手元で行われないので
どうしてもこういう事になり勝ちだが

年に1度まとめて処理するだけでなんとかなる
という分量なのが
却って災いとなっている側面はある。

たまにしか処理しない内容は
発生時の即時処理をしようとすると
段取りに時間がかかるということになりがちで
(何をどうするのか忘れていて)
ついつい、ある程度まとめて処理しようとおもう。

何か上手い工夫がないものか考え続けているが
いまだ決定案がみつからずにいる。

大した事柄ではないが、
「上手い方法」を見つけるのは案外難しいものだ。

少々効率は悪くとも愚直に都度処理をしていくというのが
結局は正解なのだろう。
posted by 得鰤日 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

やっと回収へ

昨日の記事の件、本日も振込無し。

業を煮やして上役に連絡。
来週回収の見込がついた。

これで振込がないということもないだろう。

なぜこれほど手続きが遅れたのかについては
不問という形になったが
気がかりではある。
posted by 得鰤日 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月05日

使い込み?

さる公共機関向けの仕事をして
昨年11月に請求書をあげているのに
いまだに支払いがない。

本来なら12月に支払いがされてなくてはいけないはず。

1月に問い合わせたのに反応がなく
さらに問い合わせると2月24日に支払いだという。

月末まで待っても支払いがないので、
もう一度問い合わせると、3月2日だという。
3月4日に確認してみるとやはり振り込みがない。

本日今一度担当者に督促。

明日支払うとのこと。

担当者が使い込んでいるのじゃないか?
そんな気がしないでもない。

さて、まあそれはそれとして
明日には振り込みがあってほしいものだ。
posted by 得鰤日 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月04日

小沢さんへの政治献金

民主党の小沢代表の公設第一秘書が
不正な政治献金を受け取ったということで逮捕された
というニュース。

まあ、あまりにもいいタイミングではあるが
火のないところに煙はたたないとも言う。

まずは全容を明らかにしてほしいものだけれど
この手のことは、誰の言う何が正しいのか
なかなか判断が付きにくい。

明らかであると思われる事実から
自分で判断するのが一番正しいのだろうと思う。
posted by 得鰤日 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月03日

朝風呂

昨日、本日とホテル泊まりですが、

このホテルには、大浴場があります。
ちまちまと部屋の湯船に浸かるよりは
やはり大きな湯船の方が快適です。

海沿いのホテルで
海と瀬戸大橋が望める景色もまた
良い感じです。
posted by 得鰤日 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月02日

ちょっとした障壁

このブログは、
「とにもかくにも毎日ブログ」と名付けていますが、

実は、2月27日のブログを当日内に書き損ね
それ以降3月2日の日記まで書き損ね続けました。

このブログには過去日付でブログアップできる機能があるので
それをつかって27日から2日までの4日分の日記を書いた
というのが真相です。

いつでもどこからでもブログがアップできるように
携帯からの電子メールをつかって日記更新
ができるよう設定しているのですが、
電子メールでは過去日付の日記までは書けません。

本来のブログ更新サイトをつかって日記アップをしよう
というただそれだけのことが障壁になって
あっというまに更新遅れが4日になりました。

「毎日…」というのは誠に難しいものだと
改めて実感します。
posted by 得鰤日 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月01日

パソコン台の作成

1月に購入して仮のセットアップをしておいたPCですが
置き場所にするはずの場所が整理できてなくて
使われないままになっていましたけれど

やっとなんとかかたづけて、
パソコンの置き台も自作し
パソコンを使い始めることになりました。

やれやれというところですが、
ざっと片付けたので、やがて必要になりそうなものも
仮仕舞いをしています。

あまり長くそのままにしていると
何かが必要になったときに
どこに置いたのだか判らなくなります。
こちらも早めに処理しなくては…。

まあそれより何より
新しいパソコンを十二分に活用して
業務の効率化を図りたいものです。
posted by 得鰤日 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記