2010年06月07日

人生と 自慢

あまり自慢ばかりする人はハナに付くが

(まあ、これには、
 人の話を聞かずに…
 ってのがついて、それで嫌がられるのが多いとも思う)

自慢を 無邪気に しあいっこ 
という
大らかな社会の方が愉快に過ごせるような気もする。


私は、どちらかというと

「自慢をする人」をツマラン奴 と見る家庭文化で育ったので
どうも自慢話の雰囲気が出ると居心地が悪い。
人の自慢話はまだしも、自分では自分の自慢話をしたくない。

自慢でなくても、
あれこれ 自分の方から話をするのも
沢山しゃべると、なんだかちょっと自分に居心地が悪い。

でも、一方で、
まぁ、いいじゃないの、自慢くらい
お互い 自慢しあって、 誉めあって
そのほ〜がいいんじゃない? って
吹っ切れた様に思うのです。

ねぇ… (^^)
い〜〜んじゃないかなぁ、そういうのも。

まあ、つまりは、それによって
おおらかな社会ってのを実現させたいのですけどね。
posted by 得鰤日 at 16:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月04日

気力の充実

平和な人の世では ついつい忘れがちになることもあるが

生きていくということは本来 気力が充実してなければ適わない
という側面がある。

太古の昔には、食料確保が大変であったし
他部族との抗争、野獣との闘い、天変地異との闘い
どれも気力が必要であった。

現代では、
仕事をなんとなくこなしていればそれなりに生計がたつ
という側面もあるので
タマに面倒な事がおこるとつい逃げ腰になったりする。

しかし、こころの持ちようとして、
「生きていくということは本来 
  気力が充実してなければ適わない」

ということを腹蔵しているならば
瞬時に気力充実の状態に持っていけるような気もする。

また、気力をもって仕事をすることは
生きることの密度を濃くすることでもあるように思う。

気力の発揮は人生の醍醐味である。
そう思って生きていきたい。
posted by 得鰤日 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記