2009年01月03日

おまえは意味だけで生きてんのか

「おまえは意味だけで生きてんのか。」
というのは、岸本芳貴(きしもとよしき)さん(公務員)の

『若い頃「生きている意味がわからない」「生きている意味がない」
と落ち込んだときに、年配の方から言われました。そう、意味がなくとも
ちゃんとこうして生きています。飯や酒がうまいことや好きになったり
することに、そもそも意味なんてないですよね。』として

2007年の第11回手帳大賞 大賞受賞作(高橋書店「手帳大賞」)
に取り上げられた言葉です。

本日たまたま2009年用に購入した手帳(日記帳に使うつもり)
に挟まっていた小折り込みにかかれているのを見つけました。

意味がなけりゃ生きられないという
落とし穴に落ち込んだような精神状況からすくい上げるには
実にいい表現だろうと思います。

でも、なんだか
「生きることの意味を考える」こと自体を放棄しているような
作者の表現にもちょっと不満を覚えてしまいます。

「生きている事の意味を自分なりに考える」
というプロセスは人間としてなくてはならないことだと思います。

(人間としてなくてはならないでなく、
人間として深みが出るためには、というべきかな?)

私なんて、まだ考え続けています。

まあ、一応の臨時解は見つけて
まあまあ平穏に暮らしてはいますけどね。
posted by 得鰤日 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25120688

この記事へのトラックバック

高橋書店 第12回手帳大賞からの名言
Excerpt: 名言格言ことわざそして感動努力したら、できるように産んである。引用記事 http://www.takahashishoten.co.jp/techotaisyo/meigen.html&lt..
Weblog: 名言格言ことわざそして感動
Tracked: 2009-09-26 20:07