2010年06月07日

人生と 自慢

あまり自慢ばかりする人はハナに付くが

(まあ、これには、
 人の話を聞かずに…
 ってのがついて、それで嫌がられるのが多いとも思う)

自慢を 無邪気に しあいっこ 
という
大らかな社会の方が愉快に過ごせるような気もする。


私は、どちらかというと

「自慢をする人」をツマラン奴 と見る家庭文化で育ったので
どうも自慢話の雰囲気が出ると居心地が悪い。
人の自慢話はまだしも、自分では自分の自慢話をしたくない。

自慢でなくても、
あれこれ 自分の方から話をするのも
沢山しゃべると、なんだかちょっと自分に居心地が悪い。

でも、一方で、
まぁ、いいじゃないの、自慢くらい
お互い 自慢しあって、 誉めあって
そのほ〜がいいんじゃない? って
吹っ切れた様に思うのです。

ねぇ… (^^)
い〜〜んじゃないかなぁ、そういうのも。

まあ、つまりは、それによって
おおらかな社会ってのを実現させたいのですけどね。
posted by 得鰤日 at 16:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月04日

気力の充実

平和な人の世では ついつい忘れがちになることもあるが

生きていくということは本来 気力が充実してなければ適わない
という側面がある。

太古の昔には、食料確保が大変であったし
他部族との抗争、野獣との闘い、天変地異との闘い
どれも気力が必要であった。

現代では、
仕事をなんとなくこなしていればそれなりに生計がたつ
という側面もあるので
タマに面倒な事がおこるとつい逃げ腰になったりする。

しかし、こころの持ちようとして、
「生きていくということは本来 
  気力が充実してなければ適わない」

ということを腹蔵しているならば
瞬時に気力充実の状態に持っていけるような気もする。

また、気力をもって仕事をすることは
生きることの密度を濃くすることでもあるように思う。

気力の発揮は人生の醍醐味である。
そう思って生きていきたい。
posted by 得鰤日 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月01日

年賀状 ならびに ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

2010年は年賀状がえらく早く届きました。

8時頃です。
郵便局も民営化だ、民営化取消だ… とかで
気合いが入っているのでしょうか?

さて、ここのところ年賀状を書き始めるのが年末押し詰まってからで
年を越してから書くはめになるものも相当数に登っています。

(まだ、お届けしていない皆さん、ごめんなさい。)

まだお送りしていない人からの年賀状が届くと
なにやら罪悪感のようなものがじわっと湧いてきて
どうにも居心地が悪いですね。
ま、実から出たサビですが… (苦笑)

さて、
いただいた年賀状のなかには、
こちらの名前がまちがって記載されているものがあり、
こういうのは一度間違うと修正されにくいのだろうなと思う一方
(間違いを指摘する機会がないですから。
 わざわざ間違ってますと連絡するのも居心地悪いし)

こちらも間違えてないだろうかと、気の引き締まる思いです。

さてさて、このブログも

「とにもかくにも毎日ブログ」がパタリと書き込みが続かなくなり
第二弾として始めたモノの
書いたのは2つの記事だけで9月からやはり停止中
というありさまでした。

年があらたまったのと
年賀状にこのブログのアドレスを紹介したこととで
再開の良い機会ととらえた次第です。

毎日とはいかないだろうと思いますが
読んで何がしかの気づきがあるような内容で
できるだけ頻繁に更新していきたいと思います。

よろしくお願いします。
posted by 得鰤日 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月23日

新規まき直し

一端とぎれると

ブログのタイトルからも「なんだか割り切れない感」が出たので
とにもかくにも ? 毎日ブログ 2
http://ee-mainichi2.sblo.jp/

というのを新設しました。

リンク集のところにリンクを貼っています。

「とにもかくにも」とはいいながら
毎日の継続だけが目的ではなく
それなりに書くに値するコンテンツを目ざしたのですが

続ける事になんだか満腹感がでてやめてしまいました。
言葉を変えると、「問題なく続くなぁ」という事で

そんなら続けろよ! という自分ツッコミもあるのですが
このあたりの心情は
なかなかうまく表現できないものがあります。

まあ、なにはともあれ、
新しいブログの方をよろしくお願いします。

こちらにも書き込みするかもしれませんけど。
posted by 得鰤日 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月24日

トレーニング開始

12年振りかな、地元のトライアスロンに参加することを決め
実戦の日まであと2ヶ月となったのでトレーニング開始した。

まずは、スロートレーニングということで

軽い筋肉系スロートレーニングのあと
家のすぐ近くの浜でスロージョグを約30分。

心拍数を計れる時計を年初に買っていたので
それをトライ。

スロージョグでも130位までは心拍数が上がっている。
なかなか参考になる。


トレーニングで、合わせてダイエットも図る予定。
最近買っているズボンは出腹に合わせているので
ダブダブになりそう。
というか、 に してやる つもり。


もう20年以上も前に同じトライアスロンに出たが
同じように開催日まで2ヶ月ほどのところで
トレーニングを始めたように思う。

とは言え、もうあれから随分と年月が過ぎ
こちらも歳を取っているので今回の方がキツイかな…。

とにもかくにも、完走目標で、
多分完走はできるけれど、
あまりクタバラナイようにしたい。

ということで、おりに触れトレーニング日記をあげていきます。
posted by 得鰤日 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月18日

マスクマスクマスク

今朝から神戸に居ますが、最近の神戸でのブタインフルエンザ国内感染のニュースの影響で、マスク顔のオンパレードです。

状況次第で変わりますが、三割から七割と言ったところ。なかなか壮観です。庶民感情としては、やはり我が身に関わることだけに敏感です。
posted by 得鰤日 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月04日

人間の浅知恵

今、以下のような番組をみていましたが、

立体生中継 地球LIVE 第1部「地球の肺 森が危ない!」
チャンネル :総合/デジタル総合 放送日 :2009年 5月 4日(月)
放送時間 :午後7:30〜午後8:45(75分)

インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島とも言う)では
スハルト時代に、米を自給しようと、泥炭地の開発を試みたのだけれど
それが失敗し、その時に排水したお陰で泥炭が乾いて炭となり

焼き畑農業の火が飛んで大規模な火災をおこし、それが長引いたり
ということが頻発しているらしい。

火災が収まっても発生する微生物が泥炭を分解するために
二酸化炭素の放出は収まらないということだ。

なんでも、カリマンタンで発生する二酸化炭素は
日本全土で発生させている年間二酸化炭素発生量を上回るらしい。

一度乾燥した泥炭地を元にもどすのは至難の業らしく
どうやら今後も二酸化炭素の発生は続くようだ。

どうして、いきなり大規模な開発をして失敗するのかと思ったりもするが
「自然の開発」に関する人間の知恵というのはまだまだ浅知恵らしい。


こういう問題は、TVの番組で紹介するだけでなく
しっかりと番組関連のホームページで問題を紹介してもらいたいものだが

「カリマンタン島 泥炭」でGoogle検索したら
高校講座の紹介のHPで以下のような内容があった。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chiri/archive/resume033.html

森林破壊〜インドネシアの森林破壊
熱帯雨林は毎年、世界全体で、日本の本州の3分の2に匹敵する面積が失われています。
熱帯雨林をもつ国々の森林の減少に注目すると、ブラジルの次にインドネシアでの森林減少が目立ちます。今回はカリマンタン島に注目してみます。(なお、カリマンタン島はインドネシア語で、英語ではボルネオといいます。)

カリマンタン島の熱帯雨林の地下には泥炭が堆積しています。
泥炭は、湿地で植物が完全に腐らず堆積した状態になっています。
カリマンタン島では、泥炭地に排水路を造って土地を乾かし、農地にしようとしました。
しかし泥炭地では作物はよく育ちません。そこで農民はこれに火を放ち、野焼きをして作物を作ります。
それが大規模な火災につながるのです。

2005年、カリマンタン島の中心都市パランカラヤの郊外で野焼きが拡大し、消防隊が出動する火災が起こりました。
通常は乾季の終わりに野焼きをして雨期になると自然に鎮火するのですが、エルニーニョ現象が発生した年には雨期が遅れます。そのため、野火が拡大して大きな火災になったのです。

特に1997年には、火災が9月から11月まで続き、地中の泥炭層が燃えたため、大量の二酸化炭素や煤煙が大気に放出されました。煙の中の微粒子・エアロゾルは、近隣のマレーシアやシンガポールにまで運ばれ、住民の呼吸器を侵す健康被害が発生しました。

こうした低地の泥炭層地域以外でも、次々に森林が伐採され、開墾が進められています。伐採直後の開墾地にはゴムの木が植えられます。不法伐採の取り締まりはあまり厳しくありません。

また最近は、バイオディーゼル燃料としてパーム油を生産するために、大規模な開墾が行なわれています。
posted by 得鰤日 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月29日

心を無にする

座禅では心を無にするという

無にするということを「何も考えない」
と捕らえるとナカナカに難しいことだが

「何も考えない」と試みるのも悪くはない

要は日々の惰性というか、あれこれの諸事というか
そういうものの思考から解き離れる事が大切。

そこでフト気が付く物がでてくる。

「無にする」ということは
心にあれこれ浮かぶこと自体が悪いのではない

心に浮かぶものをそぎ落としていくことで
「浮かぶ」ものの質を高めていく事
その事の大切さを言っているのではないかと思う。
posted by 得鰤日 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月14日

ねこ

我が家のネコは、朝になると
寝ているこちらに寄ってきて
撫でてくれと身をすりよせる。

撫でてやると満足そうである。
喉も鳴らす。

ネコの魅力はいろいろに言われるけれど

普段は1個の独立した個性である振る舞いなのに
突如こちらに依存してきて
依存に応えてやると満足の意を明確に表す
という事もその魅力の一つだろう。

こう書くとなんのことやらわかりにくいが、つまり、
撫でている自分の行為を相手が感謝している事で
自分の存在感を確認できるという事なんだろうと思う。

また、
相手が独立している個であるから自分の存在も引き立つ。


人間もやはり
自分を認めてもらいたい存在なのだ。
posted by 得鰤日 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月10日

がまん

さる会社の社長とのお話で

社員に自主性が欲しいがなかなかそれが出てこない
といいつつも、一方で、

自身の「勝利の方程式」を
社員にも実行するように求めている

「勝利の方程式」はそれぞれの社員が
それぞれに編み出すようにするのが本物だが
それはそれで至難の業でもある。

人を育てるというのは
なかなかに難しいものだ。
よほど心して掛かる必要がある。

改めてそう思う。
posted by 得鰤日 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月09日

酒の影響

昨日の付き合い酒の影響が
やはり日中ずっと続いた。

二日酔いというのではないけれど
何をするのも億劫になる。

会社勤めだったらそれなりに業務もこなすのだろうけれど
自営になってからはこういう日は静養することにしている。

お酒を飲むときにはトコトン飲んで
翌日静養というのが最近のパターンで
まあ、その代わりに飲みに出るのは年に数回となった。

自分自身としてはさして飲みに出たいとは思わないので
できるだけ回数を減らして行きたい。
posted by 得鰤日 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月08日

とにもかくにも… みなおし  た こと

「とにもかくにも毎日」ブログ

というスタンスで毎日書いてきたブログですが
ここ3週間ほど更新が滞っているのは
このブログの履歴自体であきらかな通りです。

書くネタがなかったわけではないのですが
「とにもかくにも書く」こと自体への自己評価が薄らいだ
ということが原因の一半にあります。

もう半分は、ある切っ掛けで
1日分の日記の更新が遅れたことです。

いつでも書けるぞという気持ちが
「そのうちに、書く」という「書かない」状況
をずるずると続けたということでもあります。

ブランクを続けている間、
さてどうするかなと考えておりましたが

以上、この日記にて
このブランクの総括をして、
また、「毎日」ということで
できるだけ書き続けたいと思います。
posted by 得鰤日 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月16日

確定申告

本日が期限だが、まだ苦闘中。

毎年、もちょっと楽になりたいと思うが、
毎年、年明けから結構仕事が混んでくる。

さて、また 悪あがきの続きに戻るか。


明日は、朝早くから 高松出張。

車で行こうかと思ったが、
寝不足が予想されるので、JRにしようかな。
posted by 得鰤日 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月15日

OB会

高校部活のOB会があるが、
毎年同じような顔ぶれになる。

今年は、100周年の記念行事も控えているので
そちらを重視して総会参加を見送った人もいる。


若い人の参加を求めたいところではあるが、
正直いって、若者に面白いようなイベントでもない
とは思う。

文化系の部活の方だったら
まだやりやすい面もあるのかも知れないが

何か共通の話題が必要なんだろうなぁ。
posted by 得鰤日 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月14日

会計会計会計

月曜が期限の確定申告を前に

高校の部活のOB会活動の方の会計処理。
毎年、「この時期はやめて欲しいなぁ」と思いつつ
その都度、いや、どちらかを早く処理
しておけばいいだけだから… と 思い直す。

まぁ、毎年ちょっとずつ要領は良くなっているが
誰かの使った費用の精算と領収書の付き合わせや
お金の精算やら、仮伝票での処理やら
なかなかに面倒。

一般会計だけでなく、特別会計が3つあり
また、預金が2つあり、
会計の締日以降のお金の出入りもあって
どうかするとアタマが混乱してくる。
(計算上の残高と現金残高が合わない (^^;; )

まぁ、上手く行かないと「来年こそ…」とは思うし、
それがやめないでいる理由の一端でもあるのだが。
posted by 得鰤日 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月13日

無駄が多い 行政

地方自治体で、先導的技術に対する国の支援金
を獲得するプロジェクトがあって

そのアドバイザーとして会議に参加したが、
国の評価基準が公表されたのは最近で
従来路線だろうと想定して用意されていた資料は
かなり的はずれ。

そうでなくても、
この手のプロジェクトは、その技術がどう製品になって
どう社会に役立つのか
そいういう視点に欠けている事が多い。

しっかりしたプロジェクトマネージャーが
最初から指導していればもうちょっとマシ
だろうと思うのだけれど…。

まあ、民間であれ、官業であれ、
ある程度の当たりはずれはあるだろうけれど
無駄に関してはしっかりと削減してもらいたい。
posted by 得鰤日 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

わかっちゃいるけどヤメラレナイ

ビジネスの成功・不成功は、長い目でみると、

わかっている事を「やれるか、ヤメラレルカ」
正しく実行できるかどうかできまるように思います。

無論、即断・即決での話もさることながら
徐々にでも、そうできるかどうかどうか、それがキーです。

政治の世界では、それ以前に
「わかっちゃないなぁ…」と言いたくなることが横行していますが、
これは国民の側を何をすべきか「わかっちゃないなぁ」
ということのようでもあります。

そうしてみると、一面単純ではありますが
PDCAというマネジメントサイクルこれがうまく回せるかどうか
これで将来がかなり変わってくると言えるという事でしょう。
posted by 得鰤日 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月11日

キム・ヒョンヒ

本日、拉致被害者田口八重子さんの長男の飯塚耕一郎さんと
キムヒョンヒさんの面談があった。

これが何らかの解決の糸口になって欲しいものだが、
キムヒョンヒさんの記者会見では、大韓航空機爆発事件への言及もあった。

北朝鮮は、一貫して大韓航空機爆発事件を否定し、「南のでっちあげ」
との姿勢をとり続けてきた。

キムデジュン大統領誕生以来の南北融和政策で
「南」は北のでっちあげを否定しなかったことで
韓国の世論には、キムヒョンヒさんの証言そのものを否定する
というようなものもあったようだ。

マスコミもその一端を担っていたような週刊誌記事にもお目に掛かった。

日本のマスコミも時として妙な報道があるが
どこの国の報道も同じような性質をかかえているものらしい。

我々は物事を考えるとき情報の信憑性からしっかり考察する必要がある。

-----------以下、記事引用(毎日jpより)-----------

http://mainichi.jp/select/today/news/20090311k0000e040031000c.html

拉致被害:田口さん家族と金元死刑囚面会 涙ぐみ抱き合う
2009年3月11日 11時11分 更新:3月11日 14時22分

 【釜山・曽田拓、西脇真一】北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さん(行方不明時22歳)の長男、飯塚耕一郎さん(32)と、田口さんの兄で拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(70)が11日、韓国・釜山市内の国際会議場で、大韓航空機爆破事件(87年)の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚(47)と面会した。「大きくなったね」「お母さんは生きていますよ」。金元死刑囚は耕一郎さんらに日本語で語りかけ、涙ぐみながら抱き合った。

 田口さんは北朝鮮で金元死刑囚の日本語教育係だったとされ、耕一郎さんは、自分が長男だと初めて公の場で明らかにした04年2月、外務省を通じ面会を求めていた。

 金元死刑囚が公式の場に出るのは、97年12月に結婚して公の活動を控えて以来、約12年ぶり。李明博(イミョンバク)政権発足で韓国側が対北朝鮮の人権問題を重要視する姿勢を打ち出したことと、拉致問題の進展を求める日本側の姿勢が一致して面会が実現した。拉致問題での日韓協力の象徴と位置づけられる。

 田口八重子さんは東京都豊島区の飲食店従業員だった78年6月、当時1歳の耕一郎さんら2人の子供を託児所に預けたまま行方不明になった。

 その後、大韓機事件で逮捕された金元死刑囚が「李恩恵(リウネ)という日本人女性に日本語などを習った」と証言。警察庁と埼玉県警は91年、この女性を田口さんと断定した。

 こうした経緯から、耕一郎さんは「どんな生活をしていたのか知りたい」と、金元死刑囚あてに手紙を書き、面会を要望したが、北朝鮮への融和政策を取る盧武鉉(ノムヒョン)政権時代は実現しなかった。

 耕一郎さんは面会直前、毎日新聞の取材に「幼いころに引き離された田口八重子さんの人間像をつかみたい」と話していた。また、繁雄さんは「日本へ招待したいとの意向も伝えたい」と、今後も金元死刑囚と継続的に交流したい意向を示していた。
--------------記事引用、終わり------------
posted by 得鰤日 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

椿三十郎

録画はしても、見たことがなかったのだが
今日のBS2の放送は見た。

ちょっとコミカルな娯楽につくられているなんて
知らなかった。

仲代達也との最後の斬り合いシーンが宣伝に使われる
ケースが多いので、もっとシリアスなものだと思ってしまう。

自分の仕事も
ちょっと力を抜いたスタンスというのもいいかな
と思う。
posted by 得鰤日 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

嫉妬をキツネ色に焼く

松下幸之助さんの言葉です。

本日みたテレビ番組より:

知るを楽しむ選 私のこだわり人物伝
松下幸之助 哲学した経営者 第1回

チャンネル :総合/デジタル総合
放送日 :2009年 3月 9日(月)
放送時間 :午前10:05〜午前10:30(25分)

嫉妬は醜いものでもあり、
あまり良い結果をもたらさない
というのも事実だけれど、
成功した人をみて目標にするエネルギーも大切

嫉妬の炎で黒こげになってはいけないけれど
ほどよくキツネ色に焼くならば
向上心を助ける大きな原動力になる
ということのようです。

幸之助さんの有名な言葉の一つらしいのですが
知りませんでした。

含蓄があっておもしろいと思います。
posted by 得鰤日 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記